« June 2007 | Main | August 2007 »

July 29, 2007

7月に読んだ本

前田義子の迷わない強運哲学

6月に読んだ「前田義子の強運に生きるワザ」の続編。
続編ということで、1冊目ほどのインパクトはなかった
かな。でも読みやすいので一気に読めます。
というわけで★★★★☆



もう1冊は「分かりやすい表現」の技術です。
世の中に氾濫している「分かりにくいもの」を
取り上げて、その犯人(原因)を説明しています。
こうしたら分かりやすくなるというチェック項目が
本の後半についていますので、自分が作った
ドキュメントのチェックにも活用できそう。
★★★★★

| | Comments (0)

July 28, 2007

恋するアンカーウーマン

久しぶりに面白いアメリカのドラマに出合いました。
邦題「恋するアンカーウーマン」です。
このイケてない邦題よりも英語のPepper Dennisという
タイトルのままの方がいいと個人的には思いますが。

内容は、キャリア志向の主人公ペッパー・デニスが
恋に仕事に奮闘する、というよくあるストーリー。
でもペッパー役の女優のレベッカ・ローミンがとにかく
きれいでかっこいい。
ドジだったり不器用なところもあって好感度が高いです。

そしてこのドラマは英語の勉強にもいいです。
ニュースを読むシーンも出てきますし、登場人物のキャラが
分かりやすいので理解しやすいと思います。
まず1回目は英語のまま字幕なしで観る。
で、2回目に日本語で確認。
時間がある方にはこの学習法をオススメします。
話が面白いから2回観るのも私は苦じゃなかったですね。

13話で終わってしまったのが悲しいですが、テレビ局の
色々な事情があったようで。。。残念です。

| | Comments (0)

July 25, 2007

水玉のワンピース

先日買った「水玉のソーイング」の本に出ていた
ワンピースを作りました。
型紙写しから完成まで約2日くらいかな。
かなり丁寧に作ったので本と同じ仕上がりだし
売り物みたいだと思います。えっへん!
Sa340715


洋服を作るのって楽しいですね。
襟ぐりとか袖とか大変な箇所は多々ありますが
出来上がったときに着れるのは達成感があります。

一着できたので、さて次は何を作ろう?
同じく「水玉のソーイング」の本に出ていたスモック風
ブラウスに挑戦しようかな。
長袖なので秋口までにできればいいし。

実はもう生地を買っちゃったんですよね。
セールで30%引きだったこともあり。。。
あとは作るのみ!

| | Comments (0)

July 22, 2007

クルージングBAR

横浜・みなとみらいにあるクルージングBAR
に行ってきました。

ぷかりさん橋に向かって歩いていくと・・・
Sa340705

クルーザーが停泊してます!
Sa340707

平日は木曜と金曜は1日3便。週末は5便。
乗船料1800円に1ドリンクがついてます。
ぷかりさん橋を出て1時間くらいクルージングして
戻ってきます。
Sa340711

食事は船なのであまり期待せず・・・が
いいですかね。雰囲気を楽しみましょう。
貸切のこともあるようなので、事前にTEL
や携帯でチェックしてから行くとよいです。

| | Comments (0)

July 15, 2007

NYの古い生地でバッグを作りました。


数年前にNYに行ったときにフリーマーケットで
出合った生地が初めて日の目を浴びました!

Sa340701 Sa340702

外側の花柄がビンテージ(なのかな?)の生地
なのですが、やっぱり味わい、風合いが違います。
シミがたくさんある生地だったのですが、買って
よかった~。
細部にもこだわって、上のフチ部分はfogのリネン
糸で縫ってみました。リネンの糸は少し縫いにくい
ですが、どんな生地ともあって万能です。

それにしても、またバッグを作ってしまった。。。

| | Comments (0)

July 09, 2007

新型ミニクーパー

ブログに書こうと思ってついつい先送りになって
しまっていたネタを書きます。
実は・・・2ヶ月前にあるラジオ局の新型ミニクーパー
6ヶ月モニタープレゼントに当選したんです。

当選確率は6000分の1くらい。
この1をゲットしたんですから、すごいです。
キャンペーンカーだったものをキャンペーン終了と
あわせてプレゼントという企画でした。

で、乗り始めてちょうど1ヶ月くらい。
せっかくですから色々なところに行きたいなあと
思いつつ、まだあまり遠出していません。

計画としては日本中行きたいんですけど、
とりあえず神戸と仙台と京都と和歌山かなー。
ってどこも遠い。。。
1ヶ月に1都市行けば返すまでには間に合うか。
って考えると行けそうな気がしてくる。

で、肝心のクルマはこんな。
富士山バックにぱちり。
Sa340692

前からはこんな。ものすごく派手なステッカーは
はがしていただきました。。。
Sa340690

横はこんな。こちらもかなりシンプルになりました。
Sa340691

| | Comments (2)

July 08, 2007

富士山初登頂

今年の目標だった富士山初登頂して参りました。
先週末に高尾山でウォーミングアップをしたとは言え、
富士山はスケールが違います。

富士山を登ってみて
・いつの間にか頂上だった
・意外と岩場で登るのが大変
・空気が薄いのですぐ疲れる
・下りが思ったより足腰に来る
・外国人がとっても多い
・山小屋はいびきに注意
て感じでしょうか。

以下、記録を兼ねたレポートです。
12:43 五合目より登頂開始(標高2305m)
五合目は半袖でもいい天気でした。
焼印を押してもらう杖を1000円で購入。
Img_3797

Sany0015


13:15 六合目到着(標高2390m)
(平均所要時間45分に対し30分)
早速焼印を押してもらおうと思ったけど
山小屋が見当たらない。。。
まだここは六合目じゃないのか?と思い、
先に進むことにしました。
Sany0023


14:15 七合目到着(標高2700m)
(平均通りの60分)
ここまでくると結構空気が薄いです。
Img_3799

最初にも書きましたが、外国人が多いです。
感覚としては3分の1くらい?
で、外国人カップルの写真を撮ってあげたり
しました。
新婚さんとのことで記念登頂だそうです。
七合目で初の焼印。(六合目は飛ばして)
Sany0029

富士山、意外と岩場で登るのが大変と
書きましたが、どうですか。この斜面。
結構きつくないです?
Sany0030

とにかく酸素が薄いし登るのはきついしで
ちょくちょく休みます。
アメにチョコを食べまくり、体がエネルギーを
要求してることを体感しました。

休憩中、隣に座った外国人の女性と会話。
彼女はオーストラリアから2週間の旅行で
来たそうです。日本を巡るツアーらしくて、
長崎、宮島、京都、鎌倉、富士山・・・
日本人でも全部行ってる人多くはないと思う
んですけど、すごい強行ツアーです。

Sany0036


登りながら次の山小屋が見えてくると感動~。
あと少しだーと思いつつ、なかなか近づかない。
Sany0057_1


やっと宿泊する山小屋が見えてきました。
Sany0061


16:00 八合目到着(標高3020m)
(予定100分に対し105分)
Img_3819

Img_3821


宿は大部屋みたいなところに寝袋で雑魚寝
状態です。で、17時頃夕食。
Img_3826 Img_3827
カレーとおかずでした。おひつのご飯はおかわり
ができます。
とにかく水が貴重な山ですので、トイレも有料
ですし、洗面所(もちろんお風呂も)はありません。
歯磨きはミネラルウォーターで済ませました。
洗顔はふきとりシート。これは便利でした。

そして18時就寝!はや!
しかしなかなか眠れない。。。寝袋に慣れてない
せいもありますが、続々と到着する登山客の音が
気になる。。。
近くに寝ている人のいびきが気になる。
もう眠れないよー!!って感じで耳栓を持って
くればよかったと後悔。
けどいつの間にか一応寝ておりました。


0:50 起床
周りはもういない。みんないつの間に・・・。


1:00 八合目出発
山小屋の周りには昨日はあまり見かけなかった
中国人がたくさん。。。
大きな声でしゃべりまくってます。元気だなー。
LEDのヘッドライトを装着し、出発!


1:35 8.5合目くらい(標高3250m)
Sany0082


2:10 本八合目(標高3400m)
(予定80分に対し、70分)
Img_3832
胸突八丁と書かれています。
どこも胸突だったので?どの斜面のこと
だったのでしょうか。。。
もうかなりヘトヘトです。目の前のライトで
照らされるあたりだけを見て、一歩一歩
進んでいくのみ。


3:55 山頂到着(標高3776m)
(予定80分に対し、105分)
山頂に近づくにつれ渋滞したこともあり、
予定より時間がかかりました。
それにしても、到着したときは初めてだったので
「アレ?これ山頂?それともまだ?」みたいな
感じで実感うす!!
それにしても山頂からの朝焼けはすばらしい。
Img_3833

Img_3837


4:35ころ ご来光~~
Img_3841

Img_3844


5:25 下山開始
お鉢巡りはまだ出来ないらしく、早々に下山。
残念ながら山小屋も開いていなかったので
頂上の焼印はなし。悲し~!
Sany0143

下山も途中までは雪のため登山道と同じ。
登る人と下る人で激しく混雑してますねー。
Sany0149


7:10 元祖室到着
元祖室から須走の下山道に入りました。
下山は途中からずっと雨。ひざもとても痛くて
かなり厳しかった。
おかげで写真はほとんどなし。。。
雨カッパはいいものを持っていたほうがいいと
痛感しました。


9:10 六合目到着


9:55 五合目到着!!帰還!!!
(予定3時間に対し、4時間半)


今回、人生一度くらいは登りたいと思っていた
富士山にチャレンジしました。
でも登ってみて、また登りたいと感じてます。
実際山で会った人たちは初めての人も
もちろんたくさんいましたが、4度目、5度目と
登ってる方もたくさんいました。
それだけ魅力のある山であることが分かります。

今回焼印が押せなかった山頂にまた行かなくては
いけませんね。お鉢めぐりもしてないし。

富士山登山は色々なことを経験させてくれ、
色々な人に出会うこともできました。
がんばった自分を偉いぞ!とほめつつ、
ありがとう、富士山!!

| | Comments (2)

July 05, 2007

パッチワークのバッグ

最近作った中でも力作中の力作!です。
Sa340686 Sa340687

小ささが伝わらないな。。。これなら大きさが分かるかな。
Sa340688

適当に余り生地をつなぎあわせていったのですが、
これが大変でした。
適当ほど難しいものはないですね。
最初からある程度布地をそろえた大きさに
切っておけばもう少し簡単だったと思います。

でも苦労のおかげでとてもかわいい仕上がりに
なりました。
大きなバッグの中で財布だけを入れる小バッグ
として大活躍しています。

| | Comments (2)

July 03, 2007

高尾山ビアマウント

高尾山ネタが続きますが、7月1日に
高尾山の中腹にあるビアレストラン
高尾山ビアマウント.がオープンしました。

高尾山にビアレストランがあるなんて
知りませんでした。
天気がよければ東京の夜景がバッチリ
見えるようです。
登山せずにケーブルカーで上り下りできます
から会社帰りでも安心していけますね!

食べ放題・飲み放題で3000円くらいなので
料金もリーズナブルです。
登山とは別で行ってみたいですね。

| | Comments (0)

July 02, 2007

水玉のソーイング

水玉のソーイングを紹介します。
2007年4月に発売され、店頭で何度か立ち読み
していたものの、やっぱりほしくて買った1冊。
pindotのオーナー茅木真知子さんの本です。

この本のNo.5で紹介されている黒の水玉の
ワンピースをまずは作ろうと思います。
さっき材料は買ってきたので、あとは気持ち次第!

その前にバスマットを仕上げないといけないから
お盆くらいまでに完成させようかな。
それならまだ夏だし。お楽しみに!

| | Comments (0)

July 01, 2007

高尾山

今日は高尾山に登ってきました。
正直、登山とかそういうものには無縁だった私。
でも今年は富士山に登ろうと思って、靴を買って
服をそろえて・・・なんてしていたら格好だけは
本格的。。。
(靴はコンバースでは話にならないことが分かり、
モンベルで購入しなおしました)

で、富士山にいきなり新品の靴で登るのも危険
なため、高尾山でウォーミングアップしました。
初めてだったのですが、コースによってかなり差
がありますねー。驚きました。
今日は「稲荷山コース」。ここは山登り大好き派
にオススメということになってます。
その通り!で結構大変でした。
でも山を走って登り下りする人たちがいるんですね。
何も走らなくても・・・とゼーゼーしながら見送りました。

富士山登山が終わったらトレッキングとかに始めて
みようかなと思ったりしてます。
結構色々と買い込んでしまったし(汗)。
モンベルでもオリジナルでイベント・ツアーが頻繁に
開催されていて、なかなか面白そうです。

| | Comments (2)

« June 2007 | Main | August 2007 »